白菜キムチ、オイキムチ(きゅうり)、カクテギ(大根)の簡単な作り方を、わかりやすく説明します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

キムチ、オイキムチ、カクテギ

キムチの代表的なものは、白菜、きゅうり(オイキムチ)、大根(カクテギ)の3種類です。

これらを塩漬けにしてから、コチュとあわせた漬けだれに漬け込みます。

白菜キムチ

基本的な白菜のキムチを作ってみましょう。
シンプルな方法を紹介します。

韓国では、各家庭で独自の味で漬けているそうです。
日本の糠漬けみたいですね。

キムチの材料、道具

  • 白菜  2玉
  • イカのしおから  200〜300グラムくらい
  • ニンニク  1個
  • ショウガ  1個
  • 塩  適量
  • コチュ(唐辛子粉)  1〜2カップくらい
  • 砂糖  大さじ3
  • 容器  大きいタッパーかポリ製の桶に内側にビニール袋をひろげて敷く。

コチュ(唐辛子粉)は、韓国料理材料店や、デパート、大きなスーパーなどで探してみてください。
できれば、2種類くらいをまぜるといいです。
粉の大きなものは旨味があって辛味が少なく、粉の細かいものはとても辛いです。

作り方

まず、白菜を塩漬けします。

  1. 白菜の根元から包丁をいれて1/4に切る。
  2. 全体に塩を振る。わりと多目。白菜1/4個に塩ひとつかみくらい。
  3. 容器(入ればなんでもいい)に重ねて、4〜5時間置く。(この間に漬けだれをあわせるといいですね。)
  4. 水がでてくるので、容器をななめにして水を切る。
  5. すこし味見をして、よければ水分を絞る。

この白菜を、ぶつ切りのきゅうりに変えるとオイキムチ、角切りの大根にするとカクテギになります。

次に、「漬けだれ」をあわせます。

  1. しおからをなべにいれ、浸るくらいの水(少なめ)で火にかける。沸騰したら、ざるにあける。このゆでたしおからは使わず(そのままたべるとおいしい)、煮汁を使う。
  2. ニンニクは皮をむいてすりおろす。ショウガは皮をむいてせん切り(爪楊枝くらいの長さと太さでいい)にする。
  3. ボールにコチュをいれ、1の煮汁を少しづついれながらまぜる。肌の弱い人はコチュを扱うときはゴム手袋をしたほうがいい。
  4. ペースト状になったら、ニンニクとショウガ、砂糖をまぜる。チューブのわさびくらいのかたさでOK。

この漬けだれを白菜に塗りつけます。

表面だけでなく、1枚づつはぐってつけます。

つけたらまとめて容器にすきまができないようにいれます。
漬けだれがあまっていたら、上にのせます。

空気をなるべく抜いて、ビニール袋の口をしばって、蓋をして冷蔵庫か野菜室に入れておきます。

1週間くらいたったころが一番おいしいです。
3〜4週間たつと酸味がでてくるので、すっぱいキムチが好きならそのころに食べてみてください。

最後に

ここで紹介したのはあくまで一例です。
キムチのつけ方は各家庭ごとに違い、いろんなやりかたがあります。

なれたら応用してみてください。

漬けだれは、コチュとニンニク、ショウガ以外は極端な話なんでもいいです。

イカの塩辛をそのままいれたり、オキアミの塩辛をつかったり、砂糖の代わりに甘味を出すために、すりおろしたニンジンやりんごを使ったり。

韓国では、細切りの大根やニンジン、生カキ、ゴマ、干貝柱なども使うそうです。

自分好みの味ができたらいいですね。

(07/07/19)改訂

前の記事 豆腐、豆乳の作り方 に戻る
次の記事 履歴書の書き方 に進む

  

このページの更新状況

(06/12/01)掲載
(07/07/19)改訂

スポンサード リンク