簡単に作れるおいしい牛丼の作り方、レシピを紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

牛丼の材料

まずは材料を説明します。1人前です。

  • 薄切り牛肉:100グラム。
  • たまねぎ:1/4〜1/8個くらい。
  • だし汁:大さじ3杯。
  • 調味料
    酒、みりん、赤ワイン:各大さじ1
    醤油:大さじ1強
    砂糖:小さじ1/2
  • にんにく、しょうがをすりおろしたもの(チューブでも可):それぞれ耳かき3杯くらい。

牛肉は、あまりいい部位じゃないほうがいいです。私が使うのは、切り落としの徳用の安いやつです。
すき焼き用のいい肉だともったいないし、歯ごたえがなくなるので牛丼らしくないかもしれません。
安い肉のほうが牛丼には向いてると思います。

たまねぎもお好みで増減してみてください。

ニンニク、しょうがはなくてもいいかもしれませんが、あったほうが風味がいいです。嫌いな方は入れなくてもいいと思います。

だし汁は、味噌汁なんかに使うものでいいです。私はカツオだしを使います。

ワインも、料理用の安いやつでいいんですよ。おいしいワインは飲む用にとっておきましょう。

牛丼の作り方

材料さえ用意できれば、あとは簡単です。

  1. まず、鍋にだし汁と調味料、ニンニク、しょうがを全部入れて、煮立たせます。
  2. そこに細切りにしたたまねぎを入れ、しんなりさせます。弱火で1分くらいでいいと思います。
  3. たまねぎがやわらかくなってきたら、牛肉を入れます。
  4. ときどき混ぜたり裏返したりしながら、牛肉の色が変わったら出来上がり。煮すぎると塩辛くなるので注意してください。
  5. 丼にご飯をよそい、上からかけます。

牛丼サイコー!

紹介したレシピでは、結構ツユだくになると思いますので、かけるときに調節してください。

また、少し灰汁がでますので、気になる方は、まえもって牛肉を湯通ししておくといいです。私は気にしません。男の料理はそんなもんです。豪快にいきます。

あと、鍋は普通の鍋だとやりにくいかもしれません。できれば、親子丼用の浅い鍋でやるといいんですが。ない場合は、なるべく径の小さいものでやるといいです。大きな鍋では具がツユにつかりません。

できあがった牛丼には、お好みで一味唐辛子や、玉子、紅しょうがなどをそえてどうぞ。温泉玉子キムチをのせてもおいしいですよ。

もしツユが残ったら、捨てないでとって置いてください。玉子かけご飯に醤油の代わりに使うとおいしいですよ。あまり日持ちはしないと思いますが。

さあ、これで吉野家や松屋にいかなくてもおいしい牛丼が食べられますね!

食べ比べてみますか?
 ↓

吉野家のあの味を、ご家庭で簡単に。

(08/05/14)

前の記事 温泉卵の作り方 レシピ に戻る
次の記事 親子丼の作り方、レシピ に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(08/05/14)掲載

スポンサード リンク