「帝王切開」という言葉は日本人の翻訳ミスです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

日本人が和訳するときの翻訳ミス

お産で自然分娩ではなくお腹を切開して子供を取り出すことを「帝王切開」といいますね。
この「帝王切開」という言葉の元を探ってみます。

ドイツ語で「帝王切開」のことを意味する「kaiserschnitt」を、日本人が和訳するとき、「kaiser」を皇帝、「schnitt」を手術、と切り離して誤訳したようです。

「kaiser」はカエサルからきていて「皇帝」を表すことばなので、そこから誤解が生まれたようです。

異説その1、ラテン語起源説

ラテン語で帝王切開のことを「sectio caesarea」といいます。

「caesarea」は「切り刻む」という意味ですが、これが「caesar」(カエサル、シーザー、帝王)とまちがえて翻訳され、そのまま正式名称として今日まで伝わったのです。

正しく訳すと、「切腹手術」となり、そのまんまな感じですね。

しかし、医学用語はドイツ語起源が多く、「caesar」自体「分家」の意味で、もとはやはり「切る」「分ける」というような意味があり、「kaiser」も「切り分ける」というような意味があります。

異説その2、カエサルが帝王切開で生まれた説

カエサルの像
カエサルの像

シーザーなど中世以前の帝王は子供の無事をその母親の命よりも優先させていたので、胎児に負担のかかる自然分娩でなく帝王切開で分娩していた、らしい
というのは現代人が文明度が低く野蛮な感じのする中世以前に対する、イメージ

実際、胎内の子供をみたいといって妊婦の腹をひらいたという残虐な暴君もいましたが、普通、特別な理由なく帝王切開にしたりはしてなかったようです。

古代ローマでは、妊娠末期に妊婦が死亡した場合などに胎児を救う目的で帝王切開されることがあったようですが、カエサルの生母はカエサルが40歳を越えるころまで生きていたそうですから、カエサルが帝王切開で生まれたわけではないようです。

異説その3、シナ語起源説

シナでは古くから占星術(易)によって、「吉日」に皇帝が誕生するように決められていました。
そして、その日に生まれなければ帝王切開して胎児を取り出した、という説があります。

しかし、切開して生母を死なせずとも、誕生日を偽れば済む話なので信憑性が低いですね。
なにより、「帝王切開」は、シナ語経由ではないので、あきらかに間違っています。

(06/10/01)

日本人の和訳ミス

なんだかよくわからない文章になってしまっているので整理します。

ラテン語の「sectio caesarea(切開手術)」をドイツ語に訳すときに、「caesarea(切る)」を「caesar」(カエサル)と間違えたのではなく、ドイツ語の「kaiserschnitt」の「kaiser」にも「切る」というような意味があるので、「kaiserschnitt」で切開手術とういうような意味になり、ここまでには間違いは無いです。

このドイツ語の「kaiserschnitt」を日本人が和訳するときに「kaiser」を皇帝、「schnitt」を手術と切り離して考えたのが失敗でした。

よく言われているのは、ラテン語からドイツ語などに訳されたときに、「caesarea(切る)」を「caesar」(カエサル)と間違えた、というものですが、そうではなく、「kaiser」にも「切る」というような意味があるのです。

ようするに、ドイツ語の「kaiserschnitt」は正しい訳語ですが、それを和訳した「帝王切開」は誤訳であるということです。

ちなみに、「帝王切開」について

「帝王切開」は、古代ローマでは分娩によって死亡した母体から胎児を取り出すのが目的でした。

また、アフリカやヨーロッパなどでも古くから帝王切開による分娩が行われていたらしく、19世紀頃のヨーロッパではわりと一般的になっていたようです。

しかし、20世紀になって手術管理がしっかりできて手術方法が完成されるまでは、多くの妊婦は手術後に死亡していたようです。

今は帝王切開そのもので死亡する妊婦はほとんどないそうです。

記録に残る日本で最初の帝王切開は、1852年埼玉県飯能市で、飯能の医者岡部均平と秩父市の医者伊古田純道によって行われました。胎児は死亡したそうですが、母体は助かり88歳まで生きたそうです。

(08/05/25)加筆

前の記事 エリーゼのためではない「エリーゼのために」 に戻る
次の記事 徳川家康の死因 に進む

  

この記事の更新状況

(06/10/01)掲載
(08/05/25)加筆

スポンサード リンク