姓と名、苗字、名字、氏〜名前の話

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「姓」と「氏」

姓と氏

姓(せい、本姓ともいう)は、本来の姓のことで、明治以前は名字と区別されていました。

氏(うぢ)は、血縁集団、つまり一族のことで、同じ姓を名乗るのが普通です。

血縁集団であった古代の「氏(うぢ)」は地名から取ったものや、朝廷の職に由来するものなどがあります。
天皇から賜った「姓(せい)」もあり、氏=姓(本姓)となっていたようです。

有名な「源平藤橘(げんぺいとうきつ)」というのは、それぞれ源氏、平氏、藤原氏、橘氏という天皇から賜った姓です。
豊臣秀吉の「豊臣」も、天皇から賜りました。

「姓」と書いて「かばね」とも読む

まぎらわしいのは、「姓(かばね)」の存在です。

姓(せい)と姓(かばね)は別のもので、区別されています。

「かばね」は、古代のヤマト王権で大王(おおきみ、古代の天皇のこと)から与えられた称号のようなものです。

公(きみ)、臣(おみ)、連(むらじ)、造(みやつこ)、直(あたい)、首(おびと)などがあって、後に「八色の姓(やくさのかばね)」が制定されて、真人(まひと)、朝臣(あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、 臣(おみ)、 連(むらじ)、 稲置(いなぎ)という階級ができました。

これは、その一族の「格」のようなもので、一定のかばね以上でなければ高級官僚になれないなどの規定がありました。

最高位の「真人」は天皇の子孫に与えられるもので、実質、臣下の最高位は「朝臣」ということになりますが、平安朝以降はいろんな事情から多くの氏が朝臣を名乗ることになったようです。

名字(苗字)

姓と名字

例えば、室町幕府を開いた足利尊氏は、本姓は「源」であり、清和源氏(清和天皇の子孫、源の姓を賜った)なんですね。
他にも、源頼朝はもちろん源氏ですし、徳川家康も藤原氏を名乗っていましたが、その後源氏を名乗ります。武田信玄や板垣退助も源氏です。

また、鎌倉幕府の執権であり頼朝の妻、政子の実家である北条氏の本姓は「平」で、桓武平氏(桓武天皇の子孫、平の姓を賜った)です。

他には、平清盛や平将門などの平家の一族や、織田信長も平氏を名乗っていましたし、豊臣秀吉も一時、平氏を名乗っていました。

ちなみに、上杉謙信は、はじめ長尾景虎という名前でしたが、この長尾氏は平氏、上杉氏は藤原氏です。

彼らの本当の姓はそれぞれ「源」、「平」なんです。

では足利とか徳川とか北条とか織田などはどういうことかというと、これが名字なんですね。

なぜ名字を名乗るか

源氏は祖となる天皇が21人いて、かなり多くの氏族がいました。
それぞれ宗家と分家があったり、土着して武士になったりして、家単位で区別するための名字を名乗ったわけです。

例えば、鎌倉幕府と戦った新田義貞の弟は脇屋義助といい、兄弟で名字が違うわけですが、これはどういうことかというと、新田氏の先祖が新田荘という荘園を開墾し、荘名を名字にしたわけです。
そして、義助は兄の義貞が相続した新田家から独立し、新田荘内の脇屋郷を分割相続して住んだことから、脇屋を自分の名字として、脇屋義助と名のったのですね。
しかし、本姓はどちらも「源」であり、源義貞、源義助が正式な本名となります。

姓と名字の見分け方

ちなみに、源頼朝は「みなもとのよりとも」と姓と名の間に「の」をつけて読みますね。
でも、足利尊氏は「あしかがたかうじ」、徳川家康は「とくがわいえやす」と、「の」は入りません。
これはどういうことかというと、「源」は本姓で「足利」や「徳川」は名字ということです。

足利尊氏も、本姓でいうときは「源尊氏(みなもとのたかうじ)」となります。普通はこんな言い方はしませんけどね。

つまり、「の」が入るときは本姓で、「の」が入らないときは名字ということです。

名〜諱と字

シナにおける名前

シナでは、姓の後に続く個人名は、歴史的に「諱(いみな)」と「字(あざな)」というものがあります。
諱は本当の名でめったに言うことは無く、通常は字の方で呼びます。

たとえば、諸葛孔明の場合、「諸葛」が姓、「亮」が諱、「孔明」が字です。よく、「諸葛亮孔明」とあらわしていることがありますが、これは間違いです。
正しくは、字を使う場合は「諸葛孔明」、諱を使う場合は「諸葛亮」となります。

同じく、劉備の場合は「劉」が姓、「備」が諱、「玄徳」が字となります。

正式な場合を除き、諱で呼ぶのは親や君主くらいのもので、そうでない場合は失礼にあたるようです。

なので、劉備が孔明を「諸葛亮」と呼ぶのはあるかもしれませんが、孔明が劉備を呼ぶときには決して「備」は使わなかったはずです。

この「諱と字」の文化が日本では「本名と仮名(けみょう、通称のこと)」となるわけですね。
仮名と字は同じものと考えて差し支えないです。

「諱」と「諡」

諱は、現在の日本では「諡(おくりな)」と混同されてしまっていますが、「諡」のほうは死んでからつけられる「贈り名」です。
今で言う戒名みたいなものですね。
(戒名は厳密には諱です。)

フルネーム

現在、徳川家康の名前は「姓(徳川)」と「名(家康)」で表記されますが、これは現代人の感覚にあわせたものです。

徳川家康の本名をフルネームでいうと、「源朝臣徳川次郎三郎家康」となるでしょうか。
「徳川」が名字(苗字)、「次郎三郎」が通称、「源」が氏(姓)、「朝臣(あそん)」が姓(かばね)、「家康」が諱(いみな) です。

でも、普通はこんなに長ったらしくは名乗りません。

我々が名前を名乗るときの場合にあてはめると、

くだけた場合には「徳川次郎三郎」 朝廷へ対する場合など、正式な場合は「源朝臣家康(みなもとのあそんいえやす)」

などと使われるようです。

庶民の名字

古代の庶民の名字

古代の庶民は豪族の所有民として、「○○部」という名字を持っていました。
「大伴部」「藤原部」というようなものです。
しかし時代の流れや状況の変化などで忘れられたり、勝手に氏を名乗ったりしていたようです。

名字は、本姓と違って天皇から下賜される公的なものではなく、近代まで誰でも自由に名乗る事が出来たため、自分の住む土地を名字として名乗ったり、恩賞として主人から名字を賜ったりということもありました。

江戸時代の庶民の名字

江戸時代には幕府の政策によって、武士や公家以外の平民の中では、庄屋や名主など特に許された旧家の者だけが名字を名乗ることを許されるようになりました。
しかし、庶民にも「家」があり、家の名(氏)もあって、それを名字として公的な場で名乗ることはできなかったのですが、寺の過去帳や農村の古文書などでは名字を記していたりします。
「○○の人」とわかりやすいように、食べ物や土地にちなんだ名字が多かったようです。

また、江戸時代の寺院の寄進帳には、その村の全ての農民が名字を記入している例が大半で、小作人も名字を持っていたという文献も数多く残っているそうです。

明治以前の庶民に名字は無かった?

「江戸時代の庶民には名字が無かった」とよくいわれますが、正式な名字は持たなかったものの、一部をのぞいてほとんどの庶民が名字を持っていたようです。

明治になって、ご存知の通り、全ての国民が「姓」と「名」で名前をあらわすように定められ、今に至ります。

(08/11/20)

前の記事 天皇と皇帝と王 に戻る

  

この記事の更新状況

(08/11/20)掲載

スポンサード リンク