三国志は、後漢末から三国時代のシナを舞台に、多くの群雄や武将などが活躍した歴史物語です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

白眉

劉備
劉備

「三国志」の蜀を建国した劉備(りゅうび、字(あざな)は玄徳)の配下に、馬良(ばりょう、字は季常)というものがいました。
5人兄弟の長男で、眉が白かったそうです。
近所の評判の秀才兄弟で、5人とも字に「常」の文字がついていたので、「馬氏の五常」といわれていました。
5人とも優秀でしたが、なかでも長男の馬良がもっとも優秀だったそうです。

そのため、その人物を評して「馬氏の五常、白眉もっともよし。」といわれていました。

というわけで、「白眉」は、たくさんのすぐれたものの中で、最も優れたもの、という意味でつかわれます。

泣いて馬謖を斬る

諸葛亮
諸葛亮

同じく劉備の配下にいた諸葛亮(しょかつりょう、字は孔明)は、馬良の末の弟である馬謖の才能を買っていました。
ある合戦で、実戦経験を積ませると同時に手柄をたてさせようと、戦局を左右する重要な役目をまかせました。
しかし、命令に反した行動をとり、敵に陣をとられ、そのために軍全体が退却する破目になってしまいました。

諸葛亮は、信賞必罰で軍の規律をただしてきたので、馬謖の責任を問わないわけにはいきません。
将来を嘱望された有能な若者を、たった一つの失敗で責任を追及するのは惜しいという周りの声もありました。
しかし結局、諸葛亮は自分の位を3つ降格し、馬謖は死罪、となりました。

親友(馬良)の弟でもあり、自分の後継者にも考えていた諸葛亮は、泣く泣く決断したのです。

このことから、不本意ながらも非情な決断を下すこと「泣いて馬謖を斬る」といいます。
非情な決断をするときに、「不本意なんです」というアピールのときに使うほうが多いかもしれませんが。

水魚の交わり

劉備のもとに諸葛亮が仕官してからというもの、劉備は諸葛亮との話に夢中で、古くからの配下との交流がおろそかになっていました。
旗揚げのころからの配下であり、桃園の誓いで義兄弟となった仲でもある、関羽と張飛がたしなめたところ、「自分が諸葛亮を得たことは、魚が水を得たようなものであり、切って切れるものではない」といいました。

このことから、非常に親しく付き合う仲を「水魚の交わり」といいます。

(07/02/04)

前の記事 小野妹子は男性なのに「子」がつく名前 に戻る
次の記事 天皇と皇帝と王 に進む

  

この記事の更新状況

(07/02/04)掲載

スポンサード リンク