天皇と皇帝と王、さらにプリンスの違い、意味について説明します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ヨーロッパにおける「皇帝」「王」「プリンス」

国王とプリンス

ヨーロッパでは、君主の称号は様々なものがありますが、大別して「皇帝」「王」「プリンス」に分けられます。

皇帝や教皇から王として承認を受ければ「王」であり、そこまでの領土や権力を持たない小君主は承認を受けられず、総称的に「プリンス」と呼ばれます。

プリンスを称する君主による君主制の国として、モナコ公国、リヒテンシュタイン公国がありますが、どちらも国土は狭く、君主の格も「King(キング)」より低いです。

また、イギリスの王太子を「プリンス オブ ウェールズ」といいますが、これは「ウェールズの君主」の意味で、名誉称号です。

日本語で「プリンス」というと「王子」というイメージがありますが、本来は「第一人者」の意味で、君主を指して言います。「公」や「候」などと約されます。
また、王族の男子に対して君主の称号である「プリンス」をもって呼ぶこともあり、この場合は「王子」と約され、日本人のイメージする「プリンス」の意味ですね。

ローマ皇帝

ローマ時代において、カエサルの後継者であるアウグストゥスは君主の称号としての「王」は使わず、代わりに共和政時代からある官職や権限をまとめて掌握しました。
そのため、たくさんの称号をもつことになったのですが、現在の「Emperor(エンペラー)」のルーツは、軍の最高司令官の称号である「インペラトル」です。

本来ローマ皇帝は、実力を備えた者が「元老院、市民、軍隊」によって選ばれるものでしたので、血統を重視し世襲する「王」とはその意味でも違いますね。

その後、ナポレオンがフランス皇帝になるまで、ヨーロッパで「皇帝」といえば「ローマ皇帝」あるいはその継承者という意味でした。

つまり、ローマ皇帝とその継承者(自称も含む)が「皇帝」の称号を得られたのです。
それ以外の君主は、どんなに領土があろうと、権力があろうと「王」または「プリンス」です。

帝政ロシアの「ツァーリ(皇帝の意味)」や、ドイツ帝国の「カイザー(同じく皇帝の意味)」などは、ローマの「カエサル」そのものが語源です。

シナにおける「皇帝」「王」

三皇五帝

古代シナでは、伝説上の君主として3人の「皇」と5人の「帝」が伝えられていました。
総称して「三皇五帝」といいます。

殷の時代からは唯一の君主という意味で「王」が使われていましたが、周の時代には王権が衰え、王を自称する諸侯があらわれました。

春秋戦国時代には、各地に王が乱立する状態となりました。

始皇帝

その後、シナを統一した秦の始皇帝によって、「皇帝」という称号が使われるようになりました。
伝説の「三皇五帝」にあやかったものです。

世界で唯一の皇帝が、各地に王を封ずるという形になり、「王」は「皇帝」よりも一段低い位とされています。

日本における「天皇」「大王」「王」

シナの冊封体制

古代において、日本はシナの冊封体制から「倭王」の位を受けていました。

漢や魏から王号を受け、臣従していたようです。

冊封体制からの離脱

聖徳太子が隋の煬帝にあてた手紙のなかに「日出る処の天子」や「東の天皇」など、シナの皇帝と対等の称号を使い、天武天皇の時代に律令制度において規定されました。

それまでは、「大王」や「天王」などが使われていたようです。

「すめらみこと」という雅号は、「天皇」にも訓読みとしてあてられたようです。

現在の天皇

昭和前期までは、対外的に「日本国皇帝」などの称号も使われていたようですが、現在は天皇に統一されているようです。
英語では、固有名詞扱いの「Emperor(エンペラー、Eは大文字)」が使われます。

配偶者は「皇后」、尊称は「天皇(皇后)陛下」です。

現在、国際的に広く承認されている国家において、「皇帝」(Emperor)という称号を対外的に使用するのは、日本の天皇のみです。
つまり、現在唯一のエンペラーが天皇なわけですね。

まとめ

ここまでを大まかにまとめてみます。

国王

ある一つの国の君主を「王」と呼びます。
英語の「King(キング)」の訳語としても使われます。

その領土は「王国」と呼ばれ、国王の妻は「王妃」、兄弟や息子は「王子」、姉妹や娘は「王女」、跡継ぎを「王太子」といいます。
王が女性の場合は「女王」と呼ばれます。

皇帝

複数の国家と、そこに住む複数の民族の支配者を「皇帝」といいます。

その領域を「帝国」といいます。
「帝王」は「皇帝」の別名です。

「emperor(エンペラー)」の訳語としても使われます。

皇帝が女性の場合は「女帝」、配偶者は「皇后」、跡継ぎは「皇太子(こうたいし)」、そのほかの子は「皇子(おうじ)」「皇女(おうじょ)」などと呼ばれます。

厳密には

本来の意味からすれば、「皇帝」はシナの唯一の君主ですし、「エンペラー」はローマ帝国およびその後継の君主ですから、それ以外は「皇帝」や「エンペラー」ではないわけですね。

先述の通り、現在は「emperor(エンペラー、皇帝)」と称するのは世界で天皇(Emperor)だけとなっていますが、天皇は「ローマ皇帝の継承者」ではなく、「中華帝国の唯一の君主」でもありません。

さらに「皇帝」「エンペラー」「ツァーリ」「カイザー」などではなく、「天皇」ですので、その意味では現在「皇帝、エンペラー」は存在しないということになりますね。

(08/02/06)

【関連記事】

  

この記事の更新状況

(08/02/06)掲載

スポンサード リンク