日本百名山

スポンサード リンク
スポンサード リンク

日本百名山とは

ここで紹介する「日本百名山」は、登山家の深田久弥が独自の基準で選定したもので、難易度もさまざまです。

「品格、歴史、個性」を兼ね備え、かつ原則として標高1500メートル以上の山、百座を選んで「日本百名山」というタイトルの随筆として、1964年に刊行しました。

知る人ぞ知る書でしたが、徳仁親王が愛読して全山踏破を目標にしているとマスコミに伝えられたことをきっかけに、広く知られるようになりました。

登山やトレッキングのブームを経て、山に親しむ人が増えてきた中で、今でも参考にされている百選です。

日本百名山リスト

番号 山名 所在地 標高 備考
1 利尻山(りしりざん) 北海道利尻島 1,721m 利尻富士ともいわれる。頂上は南北に分かれているが、最高峰である南峰は登山道の崩壊が進んでいて危険なため、一般の登山客は北峰を頂上としている。
2 羅臼岳(らうすだけ) 北海道知床半島 1,660m アイヌ語で「チャチャヌプリ」。「良牛(ラウス)岳」と記されたこともある。
3 斜里岳(しゃりだけ) 北海道知床半島 1,545m アイヌ語で「オンネヌプリ」。「シャリ」はアイヌ語で「葦の生えた湿原」の意味。オホーツク富士、斜里富士とも。
4 阿寒岳(あかんだけ) 北海道釧路市〜足寄町 1,499m 正式名称は「雌阿寒岳(めあかんだけ)」。アイヌ語でマチネシリ。近くに阿寒富士、雄阿寒岳がある。活火山で、登山の禁止と解除がくりかえされている。
5 大雪山(だいせつざん) 北海道中央部 2,291m(旭岳) ひとつの山ではなく、お鉢平を中心とした山塊(表大雪)、広義には、北大雪、東大雪、十勝連峰を含める(大雪山国立公園)。国指定特別天然記念物(天然保護区域)。国指定大雪山鳥獣保護区(大規模生息地)。
6 トムラウシ山(とむらうしやま) 北海道中央部 2,141m 大雪山系に属し、「大雪の奥座敷」といわれる。「トムラウシ」は、アイヌ語で「花の多いところ」または「水垢が多いところ」。「富良牛」と記されることも。2009年7月にも遭難事故があった。
7 十勝岳(とかちだけ) 北海道中央部 2,077m 十勝岳連峰の主峰。近年は活発な活動はしていないが、活火山のため、立ち入り規制がある。
8 幌尻岳(ぽろしりだけ) 北海道日高 2,052.8m 「ポロシリ」はアイヌ語で「大きな山」の意味。日本の地質百選にも選定されている。
9 後方羊蹄山(しりべしやま) 北海道後志支庁虻田郡 セル9-3 蝦夷富士(えぞふじ)、羊蹄山(ようていざん)、マッカリヌプリ、真狩山などともいわれる。支笏洞爺国立公園に属している。山頂は倶知安町、喜茂別町、京極町、真狩村、ニセコ町の境。「後方」で「しりへ」と読み、「羊蹄(ギシギシという植物の漢名)」を「し」と読む。日本書紀に地名が記されている。
10 岩木山(いわきさん) 青森県弘前市〜鯵ヶ沢町 1,625m 山頂部は、岩木山、鳥海山、厳鬼山(岩鬼山)の3つからなっている。山頂には岩木山神社奥宮がある。1783年の噴火は、天明の大飢饉一因となった。「安寿と厨子王丸」の安寿が岩木山に祀られている。
11 八甲田山(はっこうださん) 青森県青森市 1,584m 青森市南部の火山群の総称。八甲田雪中行軍遭難事件を題材にした新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」で有名。映画化もされている。最高峰は八甲田大岳(はっこうだおおだけ、大岳とも)。
12 八幡平(はちまんたい) 岩手県、秋田県 1,613m 頂上近くまで道路があって、割と気軽に登れます。岩手県で市町村合併のとき、「八幡平市」が新市名に決定したことがあり、「八幡平は秋田のもの」というクレームが秋田側からあった。
13 岩手山(いわてさん) 岩手県 2,038m 岩手県の最高峰。盛岡側からが「表岩手」、八幡平市側からが「裏岩手」と呼ばれる。巌鷲山(がんじゅさん)とも。現在活動している活火山のため、登山には注意が必要。岩手県のサッカークラブ「FCガンジュ岩手」の名前の由来となっている。
14 早池峰(はやちね) 岩手県北上山地 1917m 北上山地の最高峰。山頂には早池峰神社がある。早池峰山(はやちねさん)が本来の名称だが、深田久弥は「山」と「峰」は同じ意味であるとして、よけいな「山」を除いた「早池峰」という表記にしている。
15 鳥海山(ちょうかいさん) 山形県、秋田県 2,236m 日本百景にも選ばれている。出羽富士、秋田富士、鳥見山(とりみやま)とも。山頂は山形県に位置し、県内最高峰。たびたび噴火しており、古代から中世にかけて「大物忌神(おおものいみのかみ)」として神格を与えられている。
16 月山(がっさん) 山形県中央部 1984m 湯殿山、羽黒山とともに出羽三山のひとつに数えられる。オコジョやイワヒバリといった珍しい動物が生息しているため、天然記念物(天然保護区域)に指定されている。磐梯朝日国立公園の一部。
17 朝日岳(あさひだけ) 山形県、新潟県 1870m(大朝日岳) 磐梯朝日国立公園に含まれている。朝日連峰とも。
18 蔵王山(ざおうさん) 宮城県、山形県 1,841m(熊野岳) 蔵王連峰のことで、蔵王という山は現在はない。刈田嶺(かったね)、不忘山(わすれじのやま)とも。活火山であり、周囲には温泉もたくさんある。
19 飯豊山(いいでさん) 山形県、新潟県、福島県 2,105m 山頂の飯豊山神社と、参詣道である登山道のみが福島県喜多方市。磐梯朝日国立公園の一部。主峰の飯豊山は標高2,105mだが、最高峰は大日岳で標高2,128m。
20 吾妻山(あづまやま、あづまさん) 山形県、福島県 2,035m(西吾妻山) 吾妻連峰のこと。那須火山帯に属し、現在も活発に活動している活火山。
21 安達太良山(あだたらやま) 福島県中部 1,728m(箕輪山) 主峰の安達太良山は標高1699m、最高峰は箕輪山。沼ノ平火口周辺では有毒ガスが噴出しており、1997年には死亡事故もあった。現在通行禁止。
22 磐梯山(ばんだいさん) 福島県 1,819m 会津富士、会津磐梯山とも。民謡でも有名。磐梯朝日国立公園に属している。南側からが表磐梯、北側が裏磐梯。近くに猪苗代湖がある。
23 会津駒ヶ岳(あいづこまがだけ) 福島県 2,133m 会津駒、駒ケ岳とも。尾瀬国立公園に属している。
24 魚沼駒ヶ岳(うおぬまこまがたけ) 新潟県魚沼地方 2,003m 越後駒ヶ岳(えちごこまがたけ)とも。八海山、中ノ岳とともに越後三山(魚沼三山)の一つ。
25 平ヶ岳(ひらがたけ) 新潟県、群馬県 2,141m 新潟県側は越後三山只見国定公園に属する。登山道中は山小屋もなくキャンプ禁止のため、初心者向きではない。
26 巻機山(まきはたやま) 新潟県、群馬県 1,967m 平ヶ岳と同じく三国山脈の一部。いくつかのピークがある。
27 燧ヶ岳(ひうちがたけ) 福島県 2,356m 東北地方最高峰で、尾瀬国立公園に属する。
28 至仏山(しぶつさん) 群馬県 2,228.1m 燧ヶ岳と同じく尾瀬国立公園の一部。しばしば天候が荒れて、安易な登山による遭難がよくおこっている。
29 谷川岳(たにがわだけ) 群馬県、新潟県 1,977m(トマの耳) 頂は「トマの耳」と「オキの耳」に分かれている。それぞれ「薬師岳」「谷川富士」の別名がある。もともとは「(トマ、オキの)二つ耳」と呼ばれていたが、国土地理院の地図の誤記で谷川岳と呼ばれるようになった。一の倉沢(岩場)は日本三大岩場の一つ。遭難が多く、「魔の山」と呼ばれている。
30 苗場山(なえばさん) 新潟県、長野県 2145m 湿原から生えた草が苗代のように見えることから名がついた。上信越高原国立公園に属する。
31 妙高山(みょうこうさん) 新潟県妙高市 2,454m 越後富士とも。上信越高原国立公園に属する。長野県側からは北信五岳のひとつとされている。「越の中山(こしのなかやま)」と呼ばれていたのが「名香山(なかやま)」となり、「みょうこうざん」と呼ばれるようになって「妙高山」の字があてられた。
32 高妻山(たかつまやま) 新潟県、長野県 2,353m 戸隠連峰の最高峰。
33 男体山(なんたいさん) 栃木県日光市 2,486m 日光国立公園内にある。日本三大瀑布の華厳の滝や竜頭の滝が近い。東北側にある女峰山と対として名づけられたと思われる。間には大真名子山と小真名子山、北西には太郎山と、火山ファミリーとなっている。栃木県を代表する山であり、県民の歌にも登場する。
34 奥白根山(おくしらねさん) 栃木県、群馬県 2,578m 日光白根山の最高峰。関東地方の最高峰。
35 那須岳(なすだけ) 栃木県、福島県 1917m(三本槍岳) 那須連山、那須火山群などとも。最高峰は三本槍岳。殺生石が有名。
36 皇海山(すかいさん) 栃木県、群馬県 2,144m 毎年のように遭難事故がおこっている。
37 武尊山(ほたかやま) 群馬県 2158m 上州武尊山とも。大和武尊にゆかりがあるという伝説から、山名の「ほたか」に「武尊」という字をあてるようになったらしい。
38 赤城山(あかぎやま) 群馬県 1828m(黒檜山) 榛名山、妙義山と共に上毛三山の一つ。日本百景の一つ。「あかぎさん」とも。最高峰は黒檜山(くろびさん)。関東平野に冬に吹き降ろす北風(からっ風)を、群馬、埼玉あたりでは赤城颪(あかぎおろし)と呼ぶ。「ガリガリ君」の赤城乳業の社名の由来。
39 草津白根山(くさつしらねさん) 群馬県 2,160m 山頂はガスが発生しているために立ち入り規制されている。火口湖の「湯釜」はエメラルドグリーンの水で有名。
40 四阿山(あずまやさん) 長野県、群馬県 2,354m 吾妻山、吾嬬山(あがつまやま)とも。
41 浅間山(あさまやま) 群馬県、長野県 2,568m 世界有数の活火山。噴火の危険もあるため、立ち入り規制がある。昭和、平成になっても噴火、爆発がおこっている。「あさま」は火山の意味の古語。
42 筑波山(つくばさん) 茨城県 877m(女体山) 西側の男体山と東側の女体山からなる。紫峰(しほう)、筑波嶺(つくばね)とも。日本百景の一つ。百名山のなかではもっとも標高が低い。
43 丹沢山(たんざわさん、たんざわやま) 神奈川県 1,567m 丹沢山を含め、丹沢中央部に連なる山々をさして指定しているらしい。丹沢大山国定公園に属する。
44 両神山(りょうかみさん) 埼玉県 1,723m イザナギ、イザナミの神を祀っていることから名づけられた。(異説あり)
45 雲取山(くもとりやま) 東京都、埼玉県、山梨県 2,017m 東京都の最高峰。東京都が明治時代に水源地保全のために山梨県から購入した。
46 甲武信岳(こぶしだけ) 埼玉県、山梨県、長野県 2,475m 甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)とも。甲州、武州、信州の境にあることから名づけられた。
47 金峰山(きんぷさん、きんぽうさん) 山梨県、長野県 2,599m 秩父多摩甲斐国立公園に属する。山梨県側では「きんぷさん」、長野県側では「きんぽうさん」と呼ぶ。
48 瑞牆山(みずがきやま) 山梨県 2,230m 「瑞牆」は「瑞垣」で神社の垣根のこと。この山名にちなんで小惑星の名前にもなっている。
49 大菩薩岳(だいぼさつだけ) 山梨県 2,057m 大菩薩嶺(だいぼさつれい)のこと。頂上付近の高山植物が、ニホンジカに食い荒らされて壊滅状態となっている。
50 富士山(ふじさん) 静岡県、山梨県 3,776m 日本最高峰。三名山の一つ。特別名勝。富士箱根伊豆国立公園に属する。不二山、不尽山とも。山頂には富士山を祀る浅間(せんげん)大社があり、八合目より上はその境内となっていて、私有地である。静岡、山梨の県境は未確定。
51 天城山(あまぎさん) 静岡県伊豆半島 1,406m(万三郎岳) 天城連山とも。石川さゆりの曲や松本清張の小説などで有名。
52 白馬岳(しろうまだけ) 長野県、富山県 2,932m 北アルプスの山。山頂付近は県境が確定されていない。東側には日本最大の雪渓である白馬大雪渓がある。特別天然記念物「白馬連山高山植物帯」の一部。元々は「蓮華岳(山)」と呼ばれていたが、春になると雪解けで岩が露出し、「代掻き馬」のように見えることから、代掻き馬→代馬→しろうま、となったもの。白馬は当て字。白馬岳、杓子岳、鑓ヶ岳の三つを「白馬三山」という。
53 五竜岳(ごりゅうだけ) 長野県、富山県 2,814m 後立山(ごりゅうざん)→五竜岳となったらしい。北アルプスの山。鹿島槍ヶ岳との間には日本三大キレットの一つである八峰キレットがある。
54 鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ) 長野県、富山県 2,889m(南峰) 北アルプスにあり、後立山連峰の盟主とされる。山頂は南峰と北峰(2,842m)からなる双耳峰。
55 剱岳(つるぎだけ) 富山県 2,999m 北アルプスにあり、毎年のように遭難者がでていて、日本国内で一般の登山者が登る最も危険な山といわれている。南東に日本三大雪渓の1つ、剱沢がある。岩場は日本三大岩場に数えられ、ロッククライミングのメッカとなっている。映画化もされた新田次郎の小説「劒岳 点の記」が有名。
56 立山(たてやま) 富山県 3,015m(大汝山) 立山連峰とも。日本三名山、日本三霊山のひとつ。最高峰「大汝山(おおなんじやま)」、主峰の「雄山(おやま)」、「富士ノ折立(ふじのおりたて)」を指して言うことも多い。雄山、浄土山、別山を立山三山という。古くは「たちやま」と呼ばれていた。富山県内の小学校では、学校行事で立山登山を行うところが多い。
57 薬師岳(やくしだけ) 富山県 2,926m 北アルプス中、並外れた大きさの山体を誇る。東面には特別天然記念物に指定されているカール(氷河の侵食による沢)群がある。
58 黒部五郎岳(くろべごろうだけ) 富山県、岐阜県 2,840m 岐阜県側からは中ノ俣岳(なかのまただけ)とも。山体に対してあまりにも大きなカールで有名。大きな岩がゴロゴロしている場所に「五郎」という字をあてて山名としている。黒部村の五郎岳なので黒部五郎岳。歌手の野口五郎の芸名の由来となった野口五郎岳は、野口村の五郎岳。
59 黒岳(くろだけ) 富山県 2,986m(南峰) 正しくは水晶岳(すいしょうだけ)。北アルプスにあり、山麓から水晶が採取される。近くに野口五郎岳がある。
60 鷲羽岳(わしばだけ) 長野県、富山県 2,924m 北アルプスのほぼ中央部に位置する。山頂南東側に鷲羽池という小さな火口湖がある。
61 槍ヶ岳(やりがたけ) 長野県、岐阜県 3,180m 日本で5番目に高い山。北アルプスにあり、日本のマッターホルンといわれる。
62 穂高岳(ほたかだけ) 長野県、岐阜県 3,190m(奥穂高岳) 北アルプスにあり、日本で三番目に高い山。奥穂高岳を主峰とする穂高連峰のこと。北アルプスの盟主といわれる。長野県、岐阜県の最高峰。日本三大岩場のひとつ。
63 常念岳(じょうねんだけ) 長野県 2,857m 北アルプスにある常念山脈の主峰。坂上田村麻呂が遠征したとき、配下の常念坊がこの山に逃げ込んだとされ、山名の由来となっている。
64 笠ヶ岳(かさがたけ) 岐阜県 2,898m 笠を伏せたような形から名づけられた。
65 焼岳(やけだけ) 長野県、岐阜県 2,455m 飛騨山脈のなかでは最も活動が活発な活火山。南峰が主峰だが、立ち入り禁止となっていて、登山できるのは北峰。1995年にはトンネル工事現場で水蒸気爆発がおこり、死者がでた。
66 乗鞍岳(のりくらだけ) 長野県、岐阜県 3,026m(剣ヶ峰) 剣ヶ峰を主峰とする23の山々(乗鞍23峰)の総称。姿が馬の鞍に似ていたために名づけられた。日本の火山では3番目に高い。日本で最も登りやすい3,000m超級の山といわれ、ハイヒールでも登れると形容される。
67 御嶽(おんたけ) 長野県、岐阜県 3,067m 正しくは御嶽山(おんたけさん)。木曽御嶽山とも。木曽ヒノキなどの林業が盛ん。日本の滝百選に選ばれた根尾の滝など、滝の山といわれるほど滝が多い。5つの火口湖があり、ニノ池は日本で最も高い所にある湖沼(2,905m)。近くに日本最高所の滝がある(2,800m)。日本三霊山に入れることもある。
68 美ヶ原(うつくしがはら) 長野県 2,034m(王ヶ頭) 八ヶ岳中信高原国定公園の北西部に位置する高原。牛の放牧場になっている。テレビなどの送信施設がある。
69 霧ヶ峰(きりがみね) 長野県 1,925m(車山) 八ヶ岳中信高原国定公園にある。山頂の草原では古来、カヤなどを刈り取って利用されてきた。尾瀬とならぶ高層湿原である八島ヶ原(天然記念物「霧ヶ峰湿原植物群落」)がある。日本のグライダー発祥の地。
70 蓼科山(たてしなやま) 長野県 2,530m 八ヶ岳中信高原国定公園に属する火山。八ヶ岳連峰の一つに入れることも。「ビジンサマ」と呼ばれる山神のようなものが住んでいるという伝説がある。
71 八ヶ岳(やつがたけ) 山梨県、長野県 2,899m 山梨、長野両県にまたがる山塊の総称。北八ヶ岳と南八ヶ岳に大別されるが、狭義では南八ヶ岳のみを指す。ここでいうのも狭義のもの。八ヶ岳中信高原国定公園にほとんど含まれる。富士山と背比べをして勝ったが、蹴り飛ばされて8つの峰になり、妹である蓼科山が泣いた涙がたまって諏訪湖になったという伝説がある。
72 雨飾山(あまかざりやま) 長野県、新潟県 1,963m 頸城山塊(くびきさんかい)に属する山。新潟県側に雨飾温泉、長野県側に小谷温泉がある。
73 火打山(ひうちやま) 新潟県 2,462m 頸城(くびき)三山の最高峰
74 木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ) 長野県 2,956m 木曽山脈(中央アルプス)の最高峰。木曽駒とも。ロープウェイがあり、途中までは簡単に登れる。学校行事で登山する中学校もある。
75 空木岳(うつぎだけ) 長野県 2,864m 中央アルプス第二の高峰。ウツギの白い花が満開のころ、空木岳の頂上に雪がのこっている様子が見えることから名づけられた。
76 恵那山(えなさん) 長野県、岐阜県 2,190m 中央アルプスの最南端。船伏山(ふなふせやま)とも。天照大神が産まれた時の胞衣(えな)を納めたという伝説から名づけられた。
77 甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ) 山梨県、長野県 2,967m 赤石山脈(南アルプス)北端の山。全国に18座ある駒ヶ岳の最高峰。日本百景の一つ。
78 仙丈岳(せんじょうたけ) 山梨県、長野県 3,033m 仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ)とも。南アルプス北部に位置する。高山植物が非常に多い。非常に高いという意味で千丈とつけたらしいが、実際に仙丈岳の標高はおよそ1000丈である。
79 鳳凰山(ほうおうさん) 山梨県 2,840m(観音ヶ岳) 南アルプス北部の地蔵ヶ岳(じぞうがだけ)、観音ヶ岳(かんのんがだけ)、薬師ヶ岳(やくしがだけ)の三つの総称。鳳凰三山とも。
80 北岳(きただけ) 山梨県 3,193m 南アルプスの盟主といわれ、日本第二の高峰。山梨百名山の一つ。「白い雪をかぶった山」という意味の白根山(しらね、白峰とも)の一番北にあることから名づけられた。間ノ岳、農鳥岳とあわせて白峰三山とも。
81 間ノ岳(あいのだけ) 静岡県、山梨県 3,189m 南アルプス第2、日本第4の高峰。白峰三山の真ん中。最終氷期には、日本最高峰だった可能性がある。
82 塩見岳(しおみだけ) 長野県、静岡県 3,052m(東峰) 南アルプスに位置し、山頂は西峰と東峰に分かれている。
83 悪沢岳(わるさわだけ) 長野県、静岡県 3,141m 荒川東岳とも。日本第6位の高峰。静岡長野両県にまたがる荒川岳(荒川三山)に含まれるとする見方と、前岳、中岳を荒川岳として、最高峰である悪沢岳は古くは鍋伏と呼ばれた独自の山であるとする見方がある。
84 赤石岳(あかいしだけ) 長野県、静岡県 3,120m 赤い岩盤で構成されているために名づけられた。赤石山脈の名にもなっているが、標高は4番目。
85 聖岳(ひじりだけ) 長野県、静岡県 3,013m 南アルプス最南端の3,000m峰だが、富士山より北になる。主峰の聖岳(前聖岳)、奥聖岳、小聖岳の3つのピークがある。
86 光岳(てかりだけ) 長野県、静岡県 2,591m 南アルプス最南端の山。富士山よりわずかに南にあり、2500mを超える山では日本最南端。
87 白山(はくさん) 石川県、福井県、岐阜県、富山県 2,702m(御前峰) 御前峰、剣ヶ峰、大汝峰を白山三峰といい、さらに周辺の山の総称を白山という。白山連峰とも。日本三名山、日本三霊山の一つ。白山国立公園に指定されている。恐竜の化石が出土している。周辺には温泉が多い。
88 荒島岳(あらしまだけ) 福井県 1,523m 大野富士(おおのふじ)とも。平安時代の記録に「あらしまだけ」と呼ばれていたことが記載されているが、由来ははっきりしていない。
89 伊吹山(いぶきやま、いぶきさん) 滋賀県、岐阜県 1,377m 琵琶湖国定公園の一部。滋賀県最高峰。1927年2月14日に、11,82メートルの積雪を記録し、世界山岳気象観測史上1位とされている。
90 大台ヶ原山(おおだいがはらやま) 奈良県、三重県 1,695m 日本百景、日本の秘境100選の一つ。三重県最高峰。吉野熊野国立公園の一部。入山規制がある。
91 大峰山(おおみねさん) 奈良県 1915m 正しくは「大峯山」と書く。ここでいう大峰山は、近畿最高峰の「八経ヶ岳(はちきょうがたけ、八剣山、はちけんざんとも)」のこと。金峯山(きんぷせん)とも呼ばれる大峰山は、山上ヶ岳(女人禁制)から八経ヶ岳一帯をさす。吉野熊野国立公園の一部。大峯山寺、大峯奥駈道などは世界遺産にも指定されている。
92 大山(だいせん) 鳥取県、岡山県 1,729m(剣ヶ峰) 主峰の剣ヶ峰(けんがみね)から外輪山を含めた総称。日本四名山、日本百景の一つ。中国最高峰。伯耆富士、出雲富士とも。大山隠岐国立公園に指定されている。特別天然記念物のダイセンキャラボクの群生地がある。
93 剣山(つるぎさん) 徳島県 1,955m 西日本第二の高峰。太郎笈(たろうぎゅう)とも。剣山国定公園に指定されている。ツキノワグマが分布している。安徳天皇ゆかりの剣が山名の由来。近くに日本最長の未舗装道、剣山スーパー林道がある。
94 石鎚山(いしづちさん) 愛媛県 1,982m(天狗岳) 天狗岳、弥山、南尖峰の総称。西日本最高峰。日本百景の一つ。石鎚国定公園に指定されている。
95 九重山(くじゅうさん) 大分県 1,791m(中岳) 九重連山とも。中岳は九州本土最高峰。阿蘇くじゅう国立公園に指定されている。「九重」「久住」の二つの表記と「くじゅう」「ここのえ」の二つの読みで問題になっている。
96 祖母山(そぼさん) 大分県、宮崎県 1,756m 宮崎県最高峰。特別天然記念物のニホンカモシカの生息地。傾山(かたむきやま)とあわせて祖母傾国定公園に指定されている。
97 阿蘇山(あそさん) 熊本県 1,592m(高岳) 世界最大級のカルデラと外輪山を有する活火山で、有毒ガスが発生しているときには火口付近は立ち入り規制される。正式には阿蘇五岳(あそごがく)という。最高峰は高岳、現在の火口は中岳、ほかに根子岳、烏帽子岳、杵島岳をあわせて阿蘇五岳。カルデラの外輪山も阿蘇火山に含まれる。阿蘇くじゅう国立公園に指定されている。空の大怪獣ラドンの生誕地。小松左京の「日本沈没」では大噴火している。
98 霧島山(きりしまやま) 鹿児島県、宮崎県 1,700m(韓国岳) 最高峰の韓国岳(からくにだけ)や高千穂峰(たかちほのみね)を含む火山群の総称。霧島という名の山はない。霧島連山、霧島連峰とも。日本百景の一つ。霧島屋久国立公園に指定されている(日本初)。天孫降臨神話の舞台とされている。イザナギがカグツチを斬ったことから切り嶼(きりしま)と名づけられた説がある。坂本竜馬が新婚旅行に訪れている。霧島の七不思議伝説がある。「007は二度死ぬ」の撮影が行われた。
99 開聞岳(かいもんだけ) 鹿児島県 924m 薩摩富士とも。薩摩半島の最南端にあるため、「かいもん」は「海門」という説がある。野間岳と金峰山と合わせて薩摩三峰とも。
100 宮之浦岳(みやのうらだけ) 鹿児島県屋久島 1,936m 九州最高峰。世界遺産にも登録されている。永田岳、黒味岳と合わせて屋久島三山とも。宮之浦集落の信仰の山ということで名づけられた。
  
スポンサード リンク