赤穂四十七士のリストと忠臣蔵の豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

赤穂四十七士のリストです。

名前 読み方 備考
大石内蔵助良雄 おおいしくらのすけよしお(よしたか) 家老。討ち入りの指導者。享年45歳。
大石主税良金 おおいしちからよしかね 大石内蔵助の長男。最年少の同志。享年16歳。
原惣右衛門元辰 はらそうえもんもととき 享年56歳。
片岡源五右衛門高房 かたおかげんごえもんたかふさ 忠臣蔵では、浅野内匠頭切腹の時、最後の対面をした。
堀部弥兵衛金丸 ほりべやへえかなまる(あきざね) 同志のうち最年長者。享年77歳。
堀部安兵衛武庸 ほりべやすべえたけつね 堀部弥兵衛の婿養子。享年34歳。
吉田忠左衛門兼亮 よしだちゅうざえもんかねすけ 浪士の中では大石内蔵助に次ぐ人物。享年64歳。
吉田沢右衛門兼貞 よしださわえもんかねさだ 吉田忠左衛門の長男。享年29歳。
近松勘六行重 ちかまつかんろくゆきしげ 討ち入りの際に負傷。享年34歳。
間瀬久太夫正明 ませきゅうだゆうまさあき 享年63歳
間瀬孫九郎正辰 ませまごくろうまさとき 間瀬久太夫の長男。享年23歳。
赤埴源蔵重賢 あかばねげんぞうしげかた 忠臣蔵では「徳利の別れ」で有名。享年35歳。
潮田又之丞高教 うしおだまたのじょうたかのり 享年35歳
富森助右衛門正因 とみのもりすけえもんまさより 享年34歳
不破数右衛門正種 ふわかずえもんまさたね 浪人していたが懇願して義盟に加わる。享年34歳。
岡野金右衛門包秀 おかのきんえもんかねひで 美男で忠臣蔵では吉良屋敷の図面を手に入れる。享年24歳。
小野寺十内秀和 おのでらじゅうないひでかず 享年61歳。
小野寺幸右衛門秀富 おのでらこうえもんひでとみ 小野寺十内の養子。享年28歳。
木村岡右衛門貞行 きむらおかえもんさだゆき 享年46歳。
奥田孫太夫重盛 おくだまごだゆうしげもり 仇討ち急進派の中心人物。享年57歳。
奥田貞右衛門行高 おくださだえもんゆきたか 奥田孫太夫の養子。享年26歳。
早水藤左衛門満尭 はやみとうざえもんみつたか 刃傷事件の第一報を江戸から赤穂へ伝える。享年42歳。
矢田五郎右衛門助武 やだごろうえもんすけたけ 享年29歳。
大石瀬左衛門信清 おおいしせざえもんのぶきよ 享年27歳。
礒貝十郎左衛門正久 いそがいじゅうろうざえもんまさひさ 享年25歳。
間喜兵衛光延 はざまきへえみつのぶ 享年69歳。
間十次郎光興 はざまじゅうじろうみつおき 間喜兵衛の長男。吉良上野介に一番槍をつけ、その首級をあげた。享年26歳。
間新六郎光風 はざましんろくろうみつかぜ 間喜兵衛の次男。浪人になっていた。願い出て義盟に加えられた。享年24歳。
中村勘助正辰 なかむらかんすけまさとき 享年46歳。
千馬三郎兵衛光忠 せんば(ちば)さぶろべえみつただ 享年51歳。
菅谷半之丞政利 すがやはんのじょうまさとし 享年44歳。
村松喜兵衛秀直 むらまつきへえひでなお 享年62歳。
村松三太夫高直 むらまつさんだゆうたかなお 村松喜兵衛の長男。享年27歳。
倉橋伝助武幸 くらはしでんすけたけゆき 享年34歳。
岡嶋八十右衛門常樹 おかじまやそえもんつねしげ 享年38歳。
大高源五忠雄 おおたかげんごただお(ただたけ) 12月14日に吉良屋敷で茶会があることを調べた。俳人宝井其角と交流があり、これから「松浦の太鼓」の外伝が作られた。享年38歳。
矢頭右衛門七教兼 やとう(やこうべ)えもしちのりかね 父長助ともに義盟に加わったが、討ち入り前に父は病死した。享年17歳。
勝田新左衛門武尭 かつたしんざえもんたけたか 享年24歳。
武林唯七隆重 たけばやしただしちたかしげ 吉良上野介の養子を負傷させ、炭小屋に隠れていた吉良上野介を討ち取った。享年32歳。
前原伊助宗房 まえばらいすけむねふさ 江戸で呉服屋を開き吉良屋敷を調べた。享年40歳。
貝賀弥左衛門友信 かいがやざえもんとものぶ 享年54歳。
杉野十平次次房 すぎのじゅうへいじつぎふさ 享年28歳。
神崎与五郎則休 かんざきよごろうのりやす 享年38歳。
三村次郎左衛門包常 みむらじろうざえもんかねつね 享年37歳。
横川勘平宗利 よこかわかんべいむねとし 12月14日に吉良屋敷で茶会があることを調べる。享年37歳。
茅野和助常成 かやのわすけつねなり 享年37歳。
寺坂吉右衛門信行 てらさかきちえもんのぶゆき 吉田忠左衛門の足軽。足軽では唯一の参加者。討ち入り後に離脱。討ち入り時は39歳。事件後、他家に仕えた後、江戸で没。享年83歳。

(07/01/12)

  

このページの更新状況

(07/01/12)掲載

スポンサード リンク