東海道五十三次(五十七次)のリストと、東海道五十三次(五十七次)に関する雑学、うんちく、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

東海道五十三次

各宿場のリストです。

国名 番号 名称 所在地
武蔵国(むさし) 起点 日本橋 東京都中央区
品川宿 東京都品川区
川崎宿 神奈川県川崎市川崎区
神奈川宿 神奈川県横浜市神奈川区
程ヶ谷(保土ヶ谷)宿 神奈川県横浜市保土ヶ谷区
相模国(さがみ) 戸塚宿 神奈川県横浜市戸塚区
藤沢宿 神奈川県藤沢市
平塚宿 神奈川県平塚市
大磯宿 神奈川県中郡大磯町
小田原宿 神奈川県小田原市
10 箱根宿 神奈川県足柄下郡箱根町
伊豆国(いず) 11 三島宿 静岡県三島市
駿河国(するが) 12 沼津宿 静岡県沼津市
13 原宿 静岡県沼津市
14 吉原宿 静岡県富士市
15 蒲原(かんばら)宿 静岡県静岡市清水区
16 由比宿 静岡県庵原郡由比町
17 興津(おきつ)宿 静岡県静岡市清水区
18 江尻宿 静岡県静岡市清水区
19 府中宿(駿府) 静岡県静岡市葵区
20 鞠子(まりこ)宿 静岡県静岡市駿河区
21 岡部宿 静岡県志太郡岡部町
22 藤枝宿 静岡県藤枝市
23 島田宿 静岡県島田市
遠江国(とおとみ) 24 金谷宿 静岡県島田市
25 日坂(にっさか)宿 静岡県掛川市
26 掛川宿 静岡県掛川市
27 袋井宿 静岡県袋井市
28 見付宿 静岡県磐田市
29 浜松宿 静岡県浜松市
30 舞坂宿 静岡県浜松市
31 新居宿 静岡県浜名郡新居町
32 白須賀宿 静岡県湖西市
三河国(みかわ) 33 二川(ふたがわ)宿 愛知県豊橋市
34 吉田宿 愛知県豊橋市
35 御油(ごゆ)宿 愛知県豊川市
36 赤坂宿 愛知県宝飯郡音羽町
37 藤川宿 愛知県岡崎市
38 岡崎宿 愛知県岡崎市
39 池鯉鮒(ちりゅう)宿 愛知県知立市
尾張国(おわり) 40 鳴海宿 愛知県名古屋市緑区
41 宮宿 愛知県名古屋市熱田区
伊勢国(いせ) 42 桑名宿 三重県桑名市
43 四日市宿 三重県四日市市
44 石薬師宿 三重県鈴鹿市
45 庄野宿 三重県鈴鹿市
46 亀山宿 三重県亀山市
47 関宿 三重県亀山市
48 坂下宿 三重県亀山市
近江国(おうみ) 49 土山宿 滋賀県甲賀市土山町
50 水口(みなくち)宿 滋賀県甲賀市水口町
51 石部宿 滋賀県湖南市
52 草津宿 滋賀県草津市
53 大津宿 滋賀県大津市
山城国(やましろ) 終点 三条大橋 京都府京都市東山区

東海道五十七次

東海道の延長線として、京街道(大坂街道)の宿場がつくられました。京街道の宿場を含めて東海道五十七次と呼ぶ場合があるので、参考までに。

国名 番号 名称 所在地
山城国(やましろ) 54 伏見宿 京都府京都市伏見区
55 淀宿 京都府京都市伏見区
河内国(かわち) 56 枚方宿 大阪府枚方市
57 守口宿 大阪府守口市
摂津国(せっつ) 終点 高麗橋(注) 大阪府大阪市中央区

(注)  もともとは京橋(大阪府大阪市中央区と都島区の境の寝屋川の橋)だった。

東海道から京街道に入る場合は、終点の三条大橋は通らず、大津街道をいくので、大津宿の次は伏見宿となります。

安藤(歌川)広重

初代歌川豊国に入門しようとしたが、門生満員のため断念し、歌川豊廣に入門しました。
代表作の「東海道五十三次」は、各宿場の風景を描いた浮世絵です。

旅行ブームのなか、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の刊行のあと、歌川広重によって「東海道五十三次」が刊行されました。
この二人の作品を頂点として、浮世絵の名所絵(風景画)が発達したということです。

(07/01/18)

関連ページ

  

このページの更新状況

(07/01/18)掲載

スポンサード リンク