雑学 一行知識

スポンサード リンク
スポンサード リンク

一行知識その15

  1. 世界最高峰の「エベレスト」は英名。チベット語では「チョモランマ(「大地の母」の意味)」、ネパール語では「サガルマータ(「世界の頂上」の意味)」。
  2. 第二次世界大戦中、日本軍は早口の薩摩弁を暗号として使ったことがあるが、アメリカ軍は解読不能だった。
  3. サランラップは、開発したアメリカ人ラドウィックとアイアンズが、それぞれの奥さんの名前、サラとアンにちなんで名づけた。
  4. サケ(鮭)は、白身魚。身は赤っぽいのは、エサとなるオキアミなどに含まれる色素のため。
  5. せんべいなどの「サラダ味」の「サラダ」とは、「サラダ油」のこと。焼いた生地にサラダ油を吹き付けてから塩味をつけているから。
  6. お菓子や飲み物などの「シュガーレス」の表記は、糖分(砂糖やブドウ糖、果糖など)の含有量が0.5%未満という基準となっている。基準にない糖アルコールやステビアなどの甘味料は制限されていないので、シュガーレスでも甘い。
  7. 「ノンシュガー」「シュガーフリー」なども同様。
  8. 「砂糖不使用」の場合は、砂糖を使っていないという意味で、果汁などの原材料に含まれる糖分や、砂糖以外の糖分は制限に入っていない。
  9. ホテルやレストランなどで代金に加算されている「サービス料」は、「チップ」に代わるものとして戦後に導入された。
  10. アメダス(地域気象観測システム、Automated Meteorological Data Acquisition System=AMeDAS)は、全国1300ヶ所の気象観測所から集められたデータを配信するシステム全体のこと。
  11. 「あくび」は、脳が酸素不足のときに酸素を取り入れるための生理反応と言われることがあるが、実際のところはよくわかっていない。
  12. アライグマは食べ物を洗うとされているが、洗うのは飼育下の一部のアライグマだけ。野生のアライグマはエサを洗わない。
  13. 「あらいぐまラスカル」のラスカルは、アライグマではなくレッサーパンダをモデルにしている。
  14. 昆虫の死骸は仰向けの状態になっていることが多いが、これは死後硬直によって足が内側に曲がり、バランスがとれずにひっくり返るため。
  15. 写真を撮ったときに目が赤く写ることがあるが、これは瞳孔が開いているとき(暗いときなど)にストロボのフラッシュが眼底の網膜の毛細血管を照らし、赤く光るため。
  16. 「女心と秋の空」、本来は「男心」であった。
  17. 傘は、雨傘より日傘のほうが歴史が古い。
  18. 「アンブレラ(傘)」の語源はラテン語の「アンブラ(陰の意味)」である。
  19. アナログ時計の針は右回りだが、これは日時計の名残。
  20. 瞬間接着剤は、医療用として製造されているものもあり、病院などで傷口などに使われている。
  21. 野菜などに含まれるアクは「灰汁」と書くが、これは灰を使ってアク抜きをしていたことからきている。
  22. 筍やホウレン草などに含まれるアクは、エグ味の元となるシュウ酸。
  23. キュウリなどに含まれるアクは、苦味の元となるアルカロイド類。
  24. 渋柿やお茶にも含まれるアクは、渋味の元となるタンニン。
  25. 平安時代、天皇は毎朝入浴していた。
  26. 「商人(しょうにん)」は、古代シナの殷王朝の人にちなんでいる。自称「商」という国名であり、商売がうまかったらしい。商の国の人→商売を職業とする人、で商人。
  27. 日本語での「あきんど」は、もとは「秋人」で、収穫期である秋に取引のために行商していた人たちのこと。「商人」は当て字。
  28. イカの墨は粘り気があって、吐いたときにその場で留まって自分のダミーのように見せかけ、あるいは直接相手に浴びせることで動きを悪くし、その隙にイカは逃げる。
  29. タコの墨はサラサラしていて、吐いたときにすぐに広がることによって煙幕的な効果があり、その隙にタコは逃げる。
  30. イカスミにはアミノ酸が多く含まれていて、料理に使うとおいしくなるが、タコスミはあまり含まれてなく、生臭さもあるので美味が期待できない。そのため、イカスミ料理は多いがタコスミ料理はほとんど聞かない。

前の記事 一行知識その14 に戻る

  

このページの更新状況

(12/08/26)掲載

スポンサード リンク